三段の滝/象ヶ滝・群馬県【新緑に躍動する南牧三名瀑】

三段の滝/象ヶ滝・群馬県【新緑に躍動する南牧三名瀑】

南牧村滝めぐりレポート、続きです!

これまでの滝めぐりはこちら
住吉の滝/龍神の滝・群馬県【滝推し!南牧村に初訪問】
線ヶ滝・群馬県【潔い直線!南牧三名瀑のユニーク滝】

南牧三名瀑、残りの二つを紹介しますね。

●三段の滝・さんだんのたき●
群馬県甘楽郡南牧村大字羽沢。碧岩を源流とし、約50mの高さを3段に分けて流れ落ちる。駐車場から遊歩道で徒歩30分程度。
来訪日:2018/5/1

駐車場からは30分という案内でした。

沢沿いの遊歩道を歩いていきます。

新緑の渓谷って、歩いているだけで気分が爽やかになる! 暑くもない季節なので、30分くらい大したことありません☆

鳥たちのさえずりもBGMに。緑を見上げながら歩くと、ところどころ、ヤマツツジの彩りも見られます!

残り距離の表示看板がちょこちょこと設置してありました。

プチ滝をいくつか横目に進んでいくと… 

大きい流れが見えてきましたッ!

到着!

三段の滝、想像よりスケールが大きい! 落差は合計50mなんですけど、斜めに流れてくるスライダータイプの滝なので、そのぶん奥行きがあるわけですね。

途中で流れの角度が変わっているので、下からでは三段の全貌を見ることができません… 

向かって右側に回っていきます。

ちょうど二段目の横に来たあたりが、鑑賞にはちょうど良いスポットでした!

三段目を見下ろすことができます。

動画はこちら! 滝の音に混じって、鳥のさえずりも聞こえたのですが、わかるかなあ。

Ayako Sakazakiさん(@ayako.sakazaki)がシェアした投稿

新緑に包まれるウォータースライダー! 自分も滑っていきたい気持ちもありつつ(笑) 癒し度は最高でしたねぇ。

(この時点で南牧村で4本目の滝。すっかり元気になりました)

さて、南牧三名瀑、あと残り一つ!

●象ヶ滝・ぞうがたき●
群馬県甘楽郡南牧村大字熊倉。落差30m。南牧川上流の熊倉沢にかかる。落ちる様が象の鼻に似ているところから名付けられた。 駐車スペースから徒歩10分程度。
来訪日:2018/5/1

距離が近いのが滝めぐりには嬉しいです。長野県の県境のあたりになります。

林道の終点までグイグイ行くと、車が2台くらい止められそうなスペースがありました。ここから徒歩で。

河原みたいなところに出ます。

水は少々色がついているような気がしました。何か成分が違うんだろうか…?

滝は、わりとすぐに見えてきました!

こちら!

幅広に落ちたあと、キュッと狭まって。「象の鼻」のような… というのはなんとなく納得です。

三段の滝と同様、新緑から降ってくるような躍動感のある滝です。

線ヶ滝、三段の滝にはない広くて浅い滝つぼがこの滝の特徴かな。滝に触れ合いたいわたしにとっては、ここはポイント高し!お気に入りになりました。

南牧三名瀑はそれぞれにタイプが違うし、どれが一番っていうのを選ぶのも難しい。セットで見るのがやっぱりおすすめかも。だから近場にまとまっててくれるのが、ありがたいですね。

滝推しの南牧村、今回が初訪問でしたが、まだまだ行ってみたい滝がたくさん。いままでなんで来ていなかったんだろ?って感じですが、実際すごく遠いというわけでもないし、また紅葉の時期や氷瀑など、季節を変えて再訪したいと思います!

これまでの滝めぐりはこちら
住吉の滝/龍神の滝・群馬県【滝推し!南牧村に初訪問】
線ヶ滝・群馬県【潔い直線!南牧三名瀑のユニーク滝】