十二滝・山形県【飽海三名瀑の一つ!庄内の滝鑑賞ツアー】

十二滝・山形県【飽海三名瀑の一つ!庄内の滝鑑賞ツアー】

夏の滝レポート、続き(ペースが全然追いつかない)。

友人たちと大勢で出かけた庄内の旅編です。

前回はこちら 七ツ滝・山形県【鶴岡の百選滝!沢登りで幻の滝つぼへ】

思いがけず七ツ滝の冒険で体力を使い、しかも長引いてしまったので、お腹ペコペコで(しかもわたしは滝で泳いだのでビショビショで…笑)ランチに急ぎます…!

それにしても鳥海山を眺めながらのドライブは気持ちいいですわ〜!

さ、やって来ました!ナポリピッツァの人気店、「緑のイスキア」さんです。

イタリアにある「真のナポリピッツァ協会」に正真正銘のナポリピッツァを提供しているとして、世界で296番目に、日本でも東北で最初に認められた認定店だそうです。こちらは以前も一度伺ってめっちゃ感動したんでした。

田園風景の中にイタリアの旗がはためいております!

イスキア島で修業を積んだ庄司シェフ。今回も腕をふるってくださり…本当に幸せでした…!写真を見ていてもおいしさが蘇って、よだれが…(笑)。

パスタはたっぷりのあさりと自家農園で育ったジューシーなトマト!

今回のようにファミリーも入れた大勢でワイワイのお食事にぴったりなんですよ。庄内に来た時にはまた次もいただきたいと思います!

さて、午後ももう一つ、みんなを滝にご案内しました。

酒田市へ移動します。旧平田町のエリアにある飽海(あくみ)三名瀑のひとつです。田園の奥の山道を入っていきます。

●十二滝・じゅうにたき●
山形県酒田市北俣鹿島。相沢川に懸かる大小12の滝から構成される滝。玉簾の滝、遊佐町の二ノ滝とあわせて飽海三名瀑の一つ。駐車スペースから徒歩5分ほど。
来訪:2019/7/21

十二滝は、その名の通り、十二段からなる滝です。上流から滝が連なっていて、それぞれに名前がつけられているようなのですが、今は遊歩道が崩落してしまっていて、全貌を見ることは難しいようです。

階段をおりていくと…

赤い橋が見えて来ます!

その先に!

はい!こちらが十二滝です!わたしもここにくるのは4年ぶりですね。

十二滝のうち、一番下の段にある二つの滝が並んで落ちています。右が河原滝、左が芯の滝と名前がつけられています。しっとり滝と元気な滝、夫婦滝スタイルと言えるかもしれません。

信仰の地でもあったのですね。お不動さまの石像がありました。

動画ですとこんな感じ!

空間がひらけていますので、長居するのに最適です。滝ガール流の鑑賞法を友人たちに伝授しました。その前に訪れた七ツ滝ではアドベンチャーすぎてちょっと趣向が違ったのでね(笑)。

滝を擬人化したり、こうして耳に手を当てて音を聞いたり。眺めるだけでも五感が研ぎ澄まされるんですよ。滝初心者のみなさまも楽しんでくれていたようす!

お母さんが滝音に集中する一方で、少年は「滝つぼに石を投げる」のにハマったようでした!うん、そうだよね、都会で暮らしてるとこうやって遊ぶ機会もそんなにないもんねぇ。楽しそうにしてくれていて嬉しかった!

いい感じで癒された皆さまの笑顔と!

赤い橋を渡ると十二滝が上の方まで見られる展望台があるんですが、そちらは残念ながら補修中。最下段の二つの滝だけでも、のんびり滝時間を過ごすには十分の空間でしたよ。

庄内の旅は恒例にしたいね、とみんなで話しています。滝ガールとしても他にまだまだお連れしたい滝がいっぱいありますのでね!

ということで、ほとんどのメンバーとはここでお別れだったのですが、うち4人で引き続きもう1泊。列車の旅で新潟へ向かいました。そちらもお目当ての滝があったのですよ。

月山ビールを飲みながら、特急「いなほ」で移動です。

続きます!

前回はこちら 七ツ滝・山形県【鶴岡の百選滝!沢登りで幻の滝つぼへ】