大滝(仁科川)・静岡県【西伊豆に残された秘境滝】

大滝(仁科川)・静岡県【西伊豆に残された秘境滝】

2019GW・静岡の滝旅 これまで
旭滝・静岡県【光に包まれる柱状節理のジオ滝】

修善寺近くの旭滝からさらに南下!

仁科峠を越えて。

西伊豆町に入ります!

ずっと気になっていた滝がありました。

●大滝・おおたる●
静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里。仁科川上流に落ちる。落差48m。旧大滝ランド、ネイチャービレッジ大滝の近く。林道脇の駐車スペースから徒歩3分。
来訪日:2019/5/2

以前、この滝に行くためには「廃墟を横目に見ながら奥へ進んでいく」という話を聞いていて、怖がりで廃墟がちょっと苦手なわたしは無理だなあ、と思っていました。近くまではよく来ていたのに、滝には立ち寄ってなかったんです。

最近は、廃墟(1980年に建設されたテーマパークで大滝ランドというものがあった)はほぼ撤去されているようで、そのかわりネイチャービレッジ大滝というキャンプ場ができていました。こちらのウェブサイトを見るかぎり、キャンプ場のさらに奥に、大滝が落ちているんですね。

ネイチャービレッジ大滝 http://naturevillage-ohtaki.com/

このサイトの地図を見ると、他にも滝はたくさんあるようです。とりあえずまずは大滝です。伊豆の独特の滝の読み方で滝を「たる」と読むらしいのですが、キャンプ場の方は「おおたき」になっていますね。どっちなんだろう。

ということで、とりあえずキャンプ場へ向かいました。GWだったのでキャンプ場は賑わっていました!

キャンプ場の受付で管理人さんに、「大滝に行きたいんですけど、駐車場借りれますか」と聞いてみたところ「キャンプ場からの道は台風のあとで道が崩れてしまっていて難しいと思うけど、林道経由なら大丈夫でしょう」とのこと。そういうアクセスもあるのか!

キャンプ場に降りる途中でY字路になるところがあり、そのもう一方を進んでいけばよいらしい。引き返してみると、教えてもらった通り、確かにありました!

未舗装の道になるものの、そのまま慎重に奥へ奥へ。

降り口、ありました!

この少し手前に、車が2台ほど停められそうなスペースがあります。

ここまで来てしまえば、本当にすぐ。

ちょっと危なっかしい橋ですが、ちゃんと渡れますよ。

見えてきましたー!

こちらです!

わあ!かなり立派!

西伊豆にこんなお方がいらしたなんて。なんだか山奥の民族のリーダーみたいな感じです。滝として格は高いんだけど、人が頻繁に訪れるようなところではないので、ワイルドな風情もあって。ストーンとした直瀑ではなくて岩肌にも伝って幅広に落ちていくので、華やかさもありますね。

そして広い滝つぼ。懐が深そうです!

動画はこちら!

水しぶきと風を受けながら、滝と向き合います。滝とお話をさせていただく感じ。ここまで来させていただいて、ありがとうございます。

もちろん貸切。

秘境感をたっぷり満喫です。新緑も美しかったなあ……!

アクセスはわかったので、また挨拶に来たいと思います。

ちなみにキャンプ場の降り口のところには、バス停もありまして。停留所の名前は「三階滝」となっています。

この近くに「三階滝沢歩道」という降り口があったようで、その先に三階滝、三方滝という滝があるらしいのですが、今回は一人だし、装備不足もあって、パス。そちらはまた今度にしたいと思います。

伊豆からの帰り道。富士山が見えると無条件に幸せですよねぇ。

静岡の滝旅、続きます!

2019GW・静岡の滝旅 これまで
旭滝・静岡県【光に包まれる柱状節理のジオ滝】