イエローフォール・福島県【スノーシューで黄金の氷瀑へ】

イエローフォール・福島県【スノーシューで黄金の氷瀑へ】

裏磐梯ブルーフォール&イエローフォールツアー!

後編です!
前編はこちら 小野川不動滝/ブルーフォール・福島県【裏磐梯の冬の名瀑】

1日目のブルーフォールツアーのあと、
温泉にも浸かって、夕食のバイキングをたらふくいただき、日本酒の飲み比べなどもして……
あっという間に眠りについておりました……☆

で、意外と筋肉痛がなかった2日目の朝!(温泉効果?)
イエローフォールツアーに出かけます!

地図では「この辺」にある、と…

DSC_0329

ブルーフォールのほうとはまた違う方向。少し山を登るので、イエローフォールのほうがややハードなチャレンジコースとのことでした。

スタート地点の裏磐梯スキー場まで、バスで向かって。

リフトに乗ります!

DSC_0203

DSC_0338

DSC_0341

スキー場のリフトに乗るのって、すごい久しぶり! スノーボードが趣味だった大学生時代を思い出して、ちょっとしんみりしちゃいました…☆

リフト2つ乗り継いだら、いよいよ、ここからスノーシューハイキングがスタートです!

DSC_0204

前日はわたしたち2人だけの参加でしたが、今日は千葉県からお越しのTさん夫妻もご一緒です☆

この日のガイドさんは、上田さん!

DSC_0213

雪原を歩きながら、冬の植物の特徴をいろいろと教えてくださいました!
「へー!」「ほー!」と感嘆しきり。

こちらはヤシャブシ。ミニサイズの松ぼっくりみたいでキュートです!

DSC_0205

ツルウメモドキ。冬の森にオレンジ色の可愛らしい花が映えますね!

DSC_0209

ダケカンバ。木の皮がよく燃えるので着火材として使うのだとか。

DSC_0222

冬でも元気に緑色なのは、ヤドリギさんでした。冬になるとずいぶん存在感が出てくるんですね!

DSC_0250

こちらはノリウツギの枯れ姿。花弁が枯れてもそのまま残るのが特徴なんですって。面白いですね〜

DSC_0285

冬の森は白一色!かと思いきや、こうしてよく見てみるとささやかな彩りもありました!

雪山をゲレンデとして見ていたころは、遠くの山々を眺めることはあっても、こんなふうに間近で見られる細かい表情には目を向けることはありませんでした。自分の足で歩きながら見つけるからこそのワクワク感もあります。スノーシューハイクの魅力って、こういうところにありますね!

あと、ウサギさんの足跡はチラホラあって、ついつい和んじゃいます。
本人の姿は見られないんですけどね。

DSC_0212

そんなこんなで、しばらく林間を歩いて行くと……
広大な雪原が出現!

DSC_0234

ここがコースの中間地点、銅沼(あかぬま)です。

DSC_0227

ひろーい池が凍っていて、その上に雪が積もっています。

どういうカタチで、どんな位置関係にあるのか…というのを上田さんが説明してくださっているところです。

DSC_0236

馬蹄形のようなかたちで山々に囲まれています。

そう、そもそもわたし、裏磐梯の地がどういう経緯でこの地形になったかって、恥ずかしながらここに来てみるまで全然知らなかったんです!

この場所、百数十年前にはまったく違う姿だったんですね。
1888年。磐梯山の火山活動で水蒸気爆発と岩なだれが起き、山自体がそのまま崩壊。集落も埋没して、死者477名にものぼった大災害でした。山が崩れたものが谷を埋めてできたのが、裏磐梯の五色沼や檜原湖などをはじめとする300余りの湖沼群です。

こんなに最近(…っていっても明治時代ですが)地形がここまでダイナミックに変化していたなんて…

岩肌からもくもくと噴気が立ち上っているのが見えています。磐梯山はいまも活動中なんだということを、思い知らされます。

DSC_0245

そしてこれから目指すイエローフォールは、その崩れた部分の壁に当たるところにあるそうです。つまり…もちろん、イエローフォールも1888年以前にはなかったことになります。

滝の世界では、かなりの新参者ですよね!
どんな姿なのかワクワクしつつ、進んでいきます。

と…
あ!

DSC_0251

アレ?
もしや?

(望遠ズーム)

DSC_0252

あれだー!!!

山の壁部分に黄色い塊が見えました。
あと少し!

スパートをかけて進んでいきまして。

ついに!

到着です!

DSC_0258

じゃーん。

DSC_0260

本当に黄色い氷!です。

DSC_0261

2日前にまとまった雪が降ったこともあって、黄色い氷に雪が積もって黄色い部分の露出は減っていますが、それでも大迫力〜!

DSC_0274

噴火口の硫黄分や鉄分を含んだ水が岸壁から染み出てきて、それが凍ると黄色い氷となって、それがジワジワと大きくなっていくのだそうです。流れる水が落ちる普通の滝が凍ったのではなかったということで。つまり、イエローフォールは、冬季以外では滝ではない!ってことですね。

火山活動のつくり出した不思議な造形に圧倒されたわたしたち。

どーん。

DSC_0267

DSC_0280

あったか紅茶で休憩して…

DSC_0282

戻ります!

基本的に行きに来た道を戻るので道は踏みしめられていてダンゼン楽になります。

さいごは雪原を駆け下って帰りましたよ〜!

DSC_0284

元気にしっかり満喫〜! お疲れさまでした!

☆☆

さて、前の記事でも書きましたが、今回は帰りもバスでホテルから東京駅まで送ってくださる!というラクチンプランなんですね〜。

帰る前に温泉&そしてランチです。

DSC_0349

おつかれさまビール!(マスターズドリームですよ。最高!)

だいぶカロリー消費したんじゃないかってことで、とんかつにしちゃいました! せっかくカロリー消費したのに帳消しじゃん!という気もしなくもないですが。

麓山高原豚のとんかつ定食!

DSC_0351

しあわせに満たされて、バスに乗り込んで、ゆったりぐっすり。
ちなみにわたしも友人も、東京に帰ったあと夜は飲み会へ繰り出しました。福島でこんな体験をしたあとでも、まだまだ遊べちゃうのってすごいな。ぎゅぎゅっと濃いツアー、お薦めですよ!

1日目のブルーフォールツアーはこちら
小野川不動滝/ブルーフォール・福島県【裏磐梯の冬の名瀑】