昇雲の滝・広島県【滝ガール流、プチ瞑想】

昇雲の滝・広島県【滝ガール流、プチ瞑想】

先日の、広島の三原滝めぐりの続き。(前回:女王滝&瀑雪の滝・広島県【おしい!を、おいしい!に】

こちらは、滝壺でのノンビリ瞑想にうってつけの滝でした。

●昇雲の滝・しょううんのたき●
広島県三原市高坂町許山。落差80m。駐車場から歩いて5分くらいで滝壺へ。駐車場付近からは遠望もできる。
来訪日:2013/12/7

以前の記事でも「滝ガール活動にふさわしい滝の条件」を書いたのですが、あらためて。
・長居できる(滝の前が広くて座れる場所がある)
・騒がしくない(観光地化しすぎてない)
・日当たりがいい(明るい雰囲気はマスト、変な気がない)
・水量がしっかりある(音のインパクトと、飛沫が感じられる)
・滝壺に少し入れる(足だけでも浸かって、水を感じたい)
・駐車場から近い(山奥すぎるとやっぱり熊とか怖い)
この条件に、ここ昇雲の滝も、しっかり当てはまっていました!

しかも、12月初旬、ぽかぽか小春日和。この時期の滝見も、実は条件としてはGOODなのです! この季節は「人が少ない」「虫が(ヒルも)いない」「日焼けもしない」。寒さはきちんと防寒をすれば問題なくて、むしろ滝の前でひとりのんびりするのが目的の滝ガール活動には、いい条件が揃っているといえます。

こんな眺めを独り占め。

DSC_1932

緑の滝壺に、すいこまれそうです。DSC_1933

本を読んだり、大声で歌をうたったり(!)、誰もこないのをいいことに、気ままに過ごします。

ぽかぽか日だまりの岩の上に座って、プチ瞑想もしました!

滝の前でのプチ瞑想は、本当にいいんですよ 😉

忙しい現代人にとって、頭をからっぽにしてリフレッシュする時間が必要といわれています。そうはいっても、それまで常に回転し続けていた頭、急にスイッチを切って「考えない」ことというのは実は難しいもの。

たとえば「呼吸だけを見つめるといい」といったアドバイスもよくありますが…

でも、このとき、滝をツールとしてみると、瞑想はとってもやりやすいんです!

滝ガール流のプチ瞑想は、とにかく「滝」を感じることに集中するだけでOK。
滝の音に耳を澄まし、流れや滝壺の色形を観察し、風に乗って運ばれる水しぶきひとつひとつを感じようとする……

 

自然の理を、もっとも端的に、キャッチーに、凝縮して表しているのが「滝」という存在だと思います。滝を感じることは、自然を感じること、そのものです。滝に集中して「感じる」ことを一生懸命やっている間、「考える」の機能は、ちゃんとお休みできているようです。

だから、たった数分でも、スッキリ。効果ばっちり。すごくお薦めです!

昇雲の滝は、滝そのものの魅力に加え、ロケーションもバランスがよく。その「活動場所」としてもふさわしい滝でした。ばっちり充電完了です!

DSC_1935