小坂の滝めぐり・あまつばの滝コース【前編:迫力の裏見滝】

小坂の滝めぐり・あまつばの滝コース【前編:迫力の裏見滝】

シルバーウィークの滝めぐり、第2章!
岐阜県、飛騨小坂の滝めぐりに出かけました。

第1章として岩手の滝めぐりをしていたのですが、そこからビューンと飛行機で夜に名古屋入り、そこからレンタカーで翌朝には飛騨小坂へ!滝のためなら長距離移動もなんのその、です☆

御嶽山の麓に位置する岐阜県下呂市小坂町は、滝の数が200以上で日本一の町!ということで、滝めぐりのガイドツアーが大充実。いくつもコースがあるのですが、わたしが参加するのは昨年に続いて2回目です!

小坂の滝めぐり 詳しくはこちら

DSC_4742

前回同様、滝仲間のプラリネさんと一緒に参加〜!

DSC_4053

プラリネさんは小坂の滝めぐりツアー、今年4回目!(その後5回目行ってきたそうです〜☆)群馬県在住だからけっして近くないはずですが、素晴らしき小坂愛ですね!

わたしが前回参加したのは上級編の回廊の滝コース。はじめての参加にしてはいきなりハードなコースだったようで、わたしの滝めぐりヒストリーのなかでもかなり印象深いものでした。渡渉のときにコケて、胸までドボンと落ちたりしたなあ… (そのときの記事はこちら

で、今回チャレンジしたのは「あまつばの滝コース」。このコースは中級編なので、ちょっと安心です☆ 参加者も女子が多めでした。小坂の滝マスター(全コースを制覇した方!)もいらっしゃっていました!

さて、あまつばの滝コースのスタート地点は、集合場所からクルマで御嶽パノラマラインを通って1時間以上移動したところになります。

途中、展望台からの眺め!
御嶽山の噴火による溶岩流がつくった大地。だから、滝が多いんだな〜と実感しますね。

DSC_4052

がたがた林道をしばらく進んだ先、ここからいよいよ沢へ下ります!

DSC_4056

いきなり、かなり急な下りが続きます。ヤブをつかみながら、慎重に……

12016538_896031890512777_1594348938_n

ひたすら、下りです。でも、登りがないので、体力的にはハードじゃなかった!
なんだかんだでスタートから1時間近く経ったころ……

いよいよ滝が見えてきました!

DSC_4065

こちらが、あまつばの滝です!

DSC_4066

なんといっても特徴は、「裏見」ができること!
「あまつば」という名前からも想像できるように、滝の落ち口の岩盤が帽子の「つば」状になってせり出しているので、滝の裏側を人が通れてしまうのです。

DSC_4076

裏側からの眺め、大好き!
裏側からだと、水しぶきのようすがよく見えるんですよね。

DSC_4080

こちらは、通り抜けたあとの角度から。

DSC_4083

そして、正面!

DSC_4096

滝壺には虹も出ていましたよ☆

DSC_4093

どうしても滝に目が行きがちですが、あらためて見ると、その周囲の岩盤にホレボレ。カッコいい〜!

DSC_4106

滝の形自体はシンプルな直瀑で落差17mということなのですが、この岩盤のダイナミックさも手伝って、もっとスケールの大きい滝に感じられましたよ。

ぐるっと裏見が楽しめるということ、そしてこの迫力の岩盤のおかげで、魅力がぐーんとアップしている滝ですね。

DSC_4102

あまつばの滝コース、わりと早い段階で表題の滝に出会えたわけですが、このコースではまだまだ序盤!なんです。

名残惜しく何度も振り返りながら、次へ出発。

ここから、待ってました!の沢歩きです☆ しかも、ナメ滝… うふふ。

DSC_4118

長くなってしまったので、つづきは後編で〜☆