二の滝渓谷・山形県【体育会系滝にキュン】

二の滝渓谷・山形県【体育会系滝にキュン】

鳥海山の滝、その4。

こんどは、鳥海山の南側、山形県へ。遊佐(ゆざ)町へまいりました。海も山も…いい町ですね。

th_DSC_0249

●ニの滝渓谷・にのたきけいこく●
山形県飽海郡遊佐町吉出。鳥海山から流れる月光川上流の滝。一の滝,二の滝,三の滝を経て鳥海山への登山コースにもなっている。二の滝までは徒歩20分程度。落差20m(一の滝)、落差25m(二の滝)、落差10m(三の滝)。二の滝は飽海三名瀑のひとつ。
来訪日:2013/10/19

遊佐町の中心街から車で約20分。駐車場にはどなたもいらっしゃらず。これは貸切りの予感…!

案内看板によると、滝がたくさんあるハイキングコースらしいです。三の滝までいってしまいたいけれど、もう夕方近いので二の滝まで、にしました。

しかし、ハイキングコースとはいえ、倒木が行く手をちょくちょく遮っています。th_DSC_0256

ちょっと怖いので、熊除け鈴をかき鳴らしながら進みます。

まず、駐車場からすぐの、一の滝がこちらです!th_DSC_0258

展望台から下に眺められる形。なので、滝の流身というよりは、まず青い滝壺の美しさに引き込まれました。けっこうな水量が、直でどぼぼぼぼ!と、滝壺にダイブしています。ワイルドっ!

滝後ろの岩盤の風情もいい。断層になっていて、下の層はえぐれている形です。

かなりの水量を受け止め続ける滝壺。いったいどのくらいの深さなのか… 白く泡立つその奥に、何かが棲んでいそうで、想像力を掻き立てられました。
th_DSC_0261
動画はこちら。

そして、また15分ほど歩き… メインの二の滝に到着です!th_DSC_0288
こちらも、印象はワイルド!大きめの岩がゴロンゴロンしていて、流れもなんだか無骨なかんじ。
もっと近づいてみると…

th_DSC_0276

うん、ここも、やっぱり岩がいい!ランダムで荒削りなかんじが、私は好きです。陽が落ちていることで、逆に、迫力を増しているよう。

一の滝もそうだけど、飛沫はすごいし、野性味ある、男らしい滝でした。先ほど見てきた繊細な気品ある潜流瀑とは、また全然違う趣なのだけど、こちらもこちらで、女子的にはキュンとします…なんというか「体育会系」というか…

誰もこないので(まあ、夕方だからですが…)、滝前で、ぽーっと過ごします。

th_DSC_0284

しかし、秋の日は釣瓶落とし。あっという間に、暗くなってきました。焦って、帰途につきます。山の夕暮れを遠くに眺めながら、「もう少し彼と一緒にいたかったな」的な、なんだか切ない気持ちになりました… 😉

th_DSC_0291th_DSC_0290

鳥海山の滝、1日で4つ巡りましたが、実にバラエティ豊か。ですが、共通するのは、水が素晴らしく美しいこと。滝壺は青く輝き、近寄ってみれば限りなく透き通っていて。水の癒しパワーを十分に感じた1日でした。回りきれなかった滝もたくさんあるので、必ず再訪したいと思います。

鳥海山の滝、ほか

法体の滝・秋田県【鳥海山も眺める絶景滝】

奈曽の白滝・秋田県【思いがけず、滝オフ会】

元滝伏流水・秋田県【潜流瀑キングダム】