背戸峨廊・福島県【後編:大感動!虹のフィナーレ】

背戸峨廊・福島県【後編:大感動!虹のフィナーレ】

福島県いわき市の絶景渓谷、背戸峨廊(せとがろ)の滝めぐり、後編です!

前編はこちら

チャプチャプと沢靴で進んでいく滝ガールズ。

引き続き、次々に見どころが現れますよ。

こちらは「龍門の滝」です。

こんな感じ!

龍門、ということで、どのへんが龍なのかな?と思ったんですが、ちゃんと意味がありましたよ。滝の左にかかっているロープをガシガシ登っていきます。

横から見ていくと、龍と呼ばれているのも納得します。

けっこうな勢いで流れています。
そのすぐ側を通るので、ちょっとスリリング。鎖をしっかり持ちながら、慎重に進んでいきます。

龍門の滝の上流は「曲がり龍」と名付けられています。

龍の隣をすぎると、しばらくまたこんな感じの静かな渓谷。このコントラストがいいんですねぇ。

プチ滝。これは確か名前がなかったかなー。

ちょくちょくハシゴがかかっています。

そして、次に見えてくるのが…!

こちら!

「黄金とろかし」と名付けられています!

ここも滝つぼは砂地になっているので、水面は黄色く見えますね。

変わった滝の名前は、「黄金を溶かしたように」とのいうことから来ているのですが、素敵な例えですよね。

その名の通り、見上げれば木漏れ日がさしてきていて…

水面がキラキラと揺れる様子が、ただただ綺麗で、泣けてくる…!

この輝きをしっかり目に焼き付けてから、またスタートです☆

龍シリーズには続きがあって、こちらが、「龍の寝床」

どのへんが寝床なのかな?と思ったら、どうやら滝つぼが昔はもっと広かったらしい。土砂崩れがあって滝つぼがかなり埋まってしまっていたそうです。

こちらは「心字の滝」

正面にまわると「心」の形に見えるのだそうです。

次の滝が、こちら!

「鹿の子滝」

どーん☆

滝の名前は「鹿の子模様」からきていると思うのですが、どの辺りかはわからなかったなあ。岩の上を滑り落ちる優しい印象の滝です。

ここでちょっと遅めのお昼休憩。興奮していて気がつかなかったのだけど、もうこの時点で14時近くでした…!スタートしたのが10時くらいだから、結構歩き通しですよね〜。

滝を見ながら、おにぎりタイムです☆

4人で記念撮影も!

そして、ここからがラストスパートっ!

「見返り滝」とあるんですが…

実は、ここは結構怖かった〜!

ちょっと足を滑らせたら…?と思うと、スリリングです。というのも、結構ここまでで疲れてきてますのでね。ちゃんと鎖を持ちながら進んでいきます。

そしていよいよ!

最後の滝が見えてきました。

おや…? なんか、光が滝のところだけ差している…かも!

クライマックスに向けて、テンション急上昇! 滝ガールズ、ここからダッシュで滝に近寄っていきます!

「三連滝」です。

近づいてみると…

あー! やっぱり虹が出てる!

少し角度を変えてみたら…

わーあ!!

わたしたちの滝めぐりのフィナーレを虹が彩ってくれました!

こんなに綺麗にくっきりと見えるなんて…☆ 予想していなかった虹だったので、全員大興奮です。笑顔が嬉しそう!!

りえさんの笑顔も弾けてまーす!

プラリネちゃんはちょうどレインボーカラーで「滝」と書いてあるオリジナルTシャツを着てました! 

何度か来ているSさんもこんなにしっかりと虹が見られたのは初めてなのだとか。撮影に夢中…!

ちょうどこちらは西向きの滝なんですね。午後の時間に訪れたのでバッチリ虹を拝むことができました。期待していなかっただけに嬉しいサプライズです。

やっぱり祝福してもらっているような気分になりますよね。
滝の神さま、いつもいつも驚きと感動をありがとうございます!

三連滝の三連は「みれん」と読ませるらしく。最後の滝ということで「未練」にもかかっているのだそうです。草野心平、ニクいですねぇ。

確かにわたしたちは「未練」タラタラ。最後まで立ち去りがたくて…

動画でも撮影しました!

水の清涼さが伝わると思います☆

そろそろ帰路へ、と振り返るとこの光景。

木々の間から差し込む光芒。滝を背にした時のこの景色も何だか印象深いものでしたよ。

ちなみに帰りは来た道を戻るのではなく(ハシゴだらけでしたから、下りは危ない!)、山側を歩いていきました。これまでの渓谷の美しい景色の数々、そしてフィナーレの虹滝を思い返しながら… ニマニマしながら歩いていたら、帰りはあっという間でした!

やあ、ほんと、背戸峨廊、素晴らしかったです!
帰ってから自分の写真の枚数で、現場の高揚感がわかりましたから…笑

ご案内いただいたSさん、プラリネちゃん、リエさん、いつもありがとう!!