くまの・川遊び部 @滝本北谷【後編:屏風滝の楽園時間】

くまの・川遊び部 @滝本北谷【後編:屏風滝の楽園時間】

くまの・川遊び部、2017夏の部活動は、滝本北谷にやってきました!

前編はこちら。
くまの・川遊び部 @滝本北谷【前編:ナメ天国と亀壺の滝】

亀壺の滝でお昼休憩をしたあとに、さらにこの滝の下へと向かっていきます。

いったん山の方に入ってから下るんですが、この木々の景色も最高なんです。

滝のそばの森は湿度があるから、苔がとっても元気なんですね!
ちょっと屋久島みたいな雰囲気もあります。

そして、苔の森を抜けると、チラリ…

ふわー!!

先ほどの亀壺の滝の下に、さらに大きな滝が続いているのが見えるんです!

そうなってたんだー!って感じですよね。

姿が見えたからには、足取りも俄然早くなります。

きましたーーー!

天国…かな☆
この滝にまた会いに来たかったんです。

滝の名前は、本によって「屏風滝」となっていたり、「けやき原の滝」となっていたり。この次に出てくる滝と混ざっているんです。結局正解はわからないんですけど、わたしはどちらかといえばこっちの滝の方が屏風に見えるので、屏風滝と呼ぶことにしています!

って、まあ、名前のことは置いておいて…

本当〜に美しい滝なんです…!!

ちょっとだけ、動画です。

今日はくまの川遊び部で滝本北谷! 天国だった… #和歌山の滝 #滝ガール #waterfall #くまの川遊び部

Ayako Sakazakiさん(@ayako.sakazaki)がシェアした投稿 –

手前側に流れのほとんどない部分があるので、そこに滝の姿が映し出されるんです。

もちろん、水もキレイ。

お魚も、います。

プールに浮かびながら滝を眺めるのも絵になりますよね! また波紋がいい感じです☆

遠景も素晴らしいのですが、やっぱりここは近づいて滝を体感したいですよね。

とりあえず、しぶきを浴びまくるー!!

見上げると、こんな感じ。キラキラキラキラ…

さらに滝のそばにある大岩に登ってみます。

すると…

わああ!

ちょうど太陽との角度の関係で、岩の上から見下ろす角度だと、わたしの周りぜーんぶ、虹が見えるんですよ!

虹にぐるりと包まれる、初めての体験!

滝のシャワーを浴びっぱなし状態じゃないと見られない光景ですから、まさに夏だからこその楽しみ方ですね! 

地球ってほんとすごいなあ、と思うのは、こんな楽園のような場所を意図せずにつくってしまうところですよね。人間はただ、感動して、喜んで、感謝していればいいんだなあ、って思います。

ありがたい!!(そして寝る)

ここに訪れるのは、わりとガチで沢登りをする人くらい。こんな天国のような場所なのにわたしたちで貸し切れちゃう、というのも魅力のひとつです。

ほんと、最高に幸せな時間でした!

さて、ここからは元来た道を引き返します。

2度目の亀壺の滝で記念撮影したり…

ナメ広場では、前編で書いた「お楽しみ」を回収。

それは…
これです。

やったー!!
夏休みといえばやっぱりスイカ!

沢に沈めておいたので、いい感じに冷えてました。

部長さんには、何から何まで、お世話になりっぱなし。

ほんと、大満喫の川遊びでした。
ありがとうございました!!

帰り道も疲れるかと思ったら元気満タンなわたしたち。やっぱり滝パワーでした。

こんなプレミアムな体験をさせていただけるのも、くまの・川遊び部のおかげ!!
ぜひ皆さんも部員になってこの感動を味わってくださいね。
(1回参加したら部員とのことです!)

くまの・川遊び部
http://www.kumakawabu.com/

熊野エリアの川遊び全般、部長がエスコートしてくださります。
場所も時間も、ニーズに合わせていろいろ。
今回の滝本北谷、所要時間としては1日コースなんですが、特別ハードというわけではないですし、わたし個人的にはすごくおすすめですよ!

もう、夏の恒例にしたいくらい…☆
いまもしょっちゅう動画を眺めてはニヤニヤしています。笑