達沢不動滝・福島県【春が来た!虹に彩られた雪解けの美瀑】

達沢不動滝・福島県【春が来た!虹に彩られた雪解けの美瀑】

春の滝めぐりの振り返り編!

先月、友人と福島に行って来ました☆ 
桜の季節に合わせて!

滝ガールとしては、どうしても見てみたかった桜があったのです。

こちら!
三春町の「滝桜」(たきざくら)でした!

ぶわー! せまってくるかんじ!
生命力のあるすごい桜です。

国の天然記念物に指定されていて、日本三大桜にも数えられている滝桜。まさに流れ落ちる滝のように見えることからそう呼ばれるようになったそうです。
「福島 滝」で検索すると、いつもこの滝桜が出てくるので、前から気になっていたのです。

今回の旅行は、ちょうど満開のタイミングとぴったりあって、しかもとってもお天気もよくて、ほんとにラッキーでした(訪れたのは2017/4/22です)。

樹齢1000年以上、確かに滝に例えるのも納得するような、生命力があふれでてるシダレザクラです。

ぐるーり、周回して眺めることができるんですが…
わたしはこの角度が好きかなあ。踏ん張ってる感じ!

「滝見」のあとは、さくらソフトクリームもいただきましたよ☆

さて。
春気分を大満喫したところで、滝ガールは本物の滝へ。

猪苗代湖の北にある滝です。

こちらも春ならではの光景でした!

●達沢不動滝・たつざわふどうたき●
福島県耶麻郡猪苗代町達沢。落差10m、幅16m。西側に女滝も落ちる。駐車場から徒歩10分ほど。
来訪日:2017/4/22

実はここには以前、夏にも訪れたことがあります。緑の森のなか、スダレのように広がって落ちる姿が涼しげで美しい滝だったのです。

(2016/8に撮影)

なんだか、スローシャッターで撮りたくなる滝で。
実際、カメラマンさんにも大人気のスポットで、夏に訪れた際には多くの方が訪れていました。

今回は春。
あの滝は、どんな姿になっているんだろう…

そわそわしながら、まだ雪もちらほら残っている遊歩道を進んでいきます。

沢沿いには、フキノトウもあったり…☆

そして、やって来ましたー!

こちらです!

うわー! 雪解けで水量MAXーーー!!! 
しかも虹もかかってるー!

滝の水量って、大雨の翌日なんかは確かに増えるんですが、そういう時って水も茶色く濁ってしまっていたりするので、ちょっと風情がなかったりもするのですよね。でも、雪解けの水は濁ってない! キレイな水が、これだけだぶだぶと豊富に落ちてくるということに、かなり興奮してしまいます。

水しぶきがすっごいことになっていますが、ぐんぐん滝に近づいちゃいますよ。

どこから見ても、虹がついてくる♬

滝の側から振り返って見ると、お友達は水しぶきの向こうにいました。当然、わたしはすでにびしょ濡れになっております。

ちなみに夏にはほとんど水量がなくて姿を消していた「女滝」も、かなり存在を主張しています!

左側が女滝です!

なかなか美しい女性です…☆

そうか、達沢不動滝は「男滝」の方で、ここは夫婦滝だったんですね。
夏に来た時はしっとりと優美な印象で「男滝」という感じではなかったのですが、春はかなりパワフルになっているので、男滝というネーミングにも違和感なしです。

この夫婦にとっては雪解けの季節こそ一番仲良しでいられるのかもしれませんねぇ。

季節を変えて訪れることで、全く違った姿が見られる。
それが滝の魅力の一つですよね。

桜と滝。福島で春を大満喫することができました♬

福島の旅行ではもう一つ、滝に出かけました!
続きます☆