桑ノ木の滝・和歌山県【岩が生み出す水の芸術!新宮の名瀑】

桑ノ木の滝・和歌山県【岩が生み出す水の芸術!新宮の名瀑】

くまの・川遊び部の皆様との楽しいツアーの翌日、東京に帰る前に新宮の滝も訪ねましたよ☆

くまの・川遊び部のツアーの様子はこちら
くまの・川遊び部と夏休み【前編:憧れの前鬼ブルーへ!】
くまの・川遊び部と夏休み【後編:前鬼の奥で待つ神秘の滝】

ゆかりんさん、まさみさんと。そして、川遊び部部長の佐竹さんが一緒に来てくださりました!

●桑ノ木の滝・くわのきのたき●
和歌山県新宮市相賀。落差21m、幅8m。高田川の支流の桑ノ木渓谷にかかる。日本の滝百選にも選ばれている。駐車スペースから徒歩15分ほど。
来訪日:2016/8/26

目指すは桑ノ木の滝!
新宮市街地からも比較的近くて行きやすい滝です!

dsc_1015

高田川を渡り、ここから滝さんぽスタート☆ 歩いて15分くらいです。これまたちょうどいい距離ですね!

dsc_0057

途中、神社があります〜 相賀八幡神社。

dsc_0060

なんだか心惹かれるかんじがしたので行ってみると、社の脇にはそそり立つ岩壁っ!

この神社のご神体は岩なんじゃないかな、というくらい、インパクトがありました。

dsc_0061

さらに杉の木立の間、桑ノ木渓谷沿いの遊歩道をテクテクと進んでいきますと…

見えてきました!

こちらです!

dsc_0069

わー☆

滝壺に近寄っていくために、部長から沢靴をお借りしました〜! ありがた〜い!

dsc_0073

沢靴を履いてきていたゆかりんさんは、一足先に滝つぼへ!

わたしも沢靴に履き替えて追いかけます〜☆
そして、滝つぼからの眺めが、こんなかんじでした…!

dsc_0081

うはあ…美しい…
これはスローシャッターでとってみたくなる滝ですね。といっても三脚もないので限界ありましたけども…。

実はこの桑ノ木の滝、わたしは昨年も訪ねていたのですが、その時は大雨の後だったために、水量が大爆発!

dsc_2178

近寄ってカメラを構えてもシャッターが切れないほどのすごい水しぶきで……このときの迫力もかなり印象的でしたが、今回は水量が少なめだったために、綾なす水の表情をよりじっくり味わうことができたのです。

この滝については水量少なめのほうが、わたしは好みかなあ…

今回は、出会った瞬間に、パッと、「美」ということばが浮かんだんです。芸術作品のように、見とれてしまうかんじ。

dsc_1058

壁のような岩から幅広に落ちてくるのですが、その落ち方の複雑なことよ…!

向かって左側はスダレ状に落ちる繊細な表情ですが…

dsc_0083

右側は水量が多く、弾ける勢い。

dsc_0085

途中の流れもクロスしていたり、下の方にまで「あしらい」がアクセントになっていたりして…

dsc_0082

滝壺のグラデーションもなんともいいかんじですねぇ…

dsc_1055

さらに、落ちているロケーションも巨岩に囲まれた場所で、全体的に力強いながらも神秘的な雰囲気を醸し出していました。

dsc_0094

dsc_0093

滝って動いている水のほうに意識がいきがちですが、この水の表情をつくっているのって、「岩」なんですよね。ってまあ、当たり前なんですけど。この桑ノ木の滝は、そのことをよく感じさせていただける滝でした。最初の神社も岩パワーあったしな〜☆

さすが、日本の滝百選! 新宮にきたときには、マストな滝です☆

ちなみに、新宮市には実は滝がたくさんあります〜
(お宿でみつけたマップ)

dsc_2174

これに載ってるだけでも24も!

全然訪ねきれてないので、いつかじっくり新宮滝めぐりをしにきたいと思います☆

☆おまけ☆

滝をみたあとは、川遊び部部長の佐竹さんと、カメラマン清水さんにご案内いただいて、新宮グルメツアーでした。

まずは、天然氷のかき氷!!
仲氷店さん。有名みたい! ひっきりなしにお客さんがいらしてました。

dsc_0104

天然氷って、きーんとならないっていいますよね。なんでだろう☆ 氷自体が、ほんとに美味しかったです。
お味はご当地の「じゃばら」にしました〜! ほんのりすっぱい。のと、あんこが美味しい…。

ランチはうどんのまさ家さんへ。

名物はカレーうどんとのことだったので…

dsc_0114

迷わず!

dsc_1076

お皿がきてびっくり。
ごはんものってる!? カレーうどんというか、カレーライス&うどん でした。
新しい… なんだかクセになる酸味のカレーでしたよ☆

そして、お土産は、香梅堂さんの「鈴焼き」で! 間違いなし!

dsc_0108

新宮をコンパクトに満喫しました☆ 今回は滞在が駆け足になってしまいましたけど、またゆっくりきます〜!