三頭大滝・東京都【檜原都民の森へ!セラピーロード滝散歩】

三頭大滝・東京都【檜原都民の森へ!セラピーロード滝散歩】

今週のNIKKEI STYLEの連載でもアップしましたが、
こちら これが東京? プチ夏休みは檜原村の『滝パラダイス』

東京の檜原村の滝は、わたしにとってずっと身近な存在です。お休みの日の朝、「よし、今日行こう!」と急に思い立って行ける距離で、それでいてしっかりと自然をチャージできる場所。

なかでも、日本の滝百選に選ばれている払沢の滝(ほっさわのたき)は、たぶん私が回数としては一番訪ねていると思われる滝です! 迫力系ではないんですが、品があるところが好き。

DSC_0135

…そんなわけで、檜原村、何度も訪れていたハズなのですが。

実は村があまりに広すぎるため、奥のほうに、ずっと行けていないエリアがありました。

それが、ここ!

DSC_0012

檜原都民の森!です〜

奥多摩三山の最高峰・三頭山の中腹、標高1000メートルから1500メートルの高地で自然を身近に感じ、楽しむ事ができる都内唯一の国立公園。

この公園の中に滝もあるらしいというのは知っていたのですが、これまで来たことがなかったんです。

まあ遠いっていうほどではないんですけども、いつも檜原村に来るときは逆側の奥のほうに行っちゃってまして、だいたいそこで満足して早めに帰路についてしまうので、あえてこちら側に来たことがなかったのです。でも、今回は滝yogaイベントの場所としてどうかな、とヨガの先生のくるみちゃんと一緒に下見に来てみたのでした。

そしたら……
めっちゃ、よかったんですよーーー!

滝…も、そうだし、滝までの環境も含めて!

DSC_0041

(くるみ先生の笑顔がはじけております!)

これまでどうして来てなかったのかしら… 遅くなったけど、気付けてよかった!

今回目指した滝はこちらです。三頭山からの滝、ということですね。

●三頭大滝・みとうおおたき●
東京都西多摩郡檜原村数馬。三頭山を源とする南秋川水系。落差約30m。岩を滑り落ちるかたちの滝。都民の森の園内の遊歩道(森林セラピーロード)を森林館から徒歩20分ほど。
来訪日:2016/7/20

入り口から5分ほどのぼった場所に森林館という拠点がありまして…

DSC_0014

レストランもあるし、とっても快適。

DSC_0019

森林館から滝までは、かなり歩きやすい遊歩道が整備されています。

DSC_0018

勾配もなくて、誰でもラクラク〜!

ここは「森林セラピーロード」に指定されているそうなんですが、それにも納得。

安全に、それでいて、たっぷりと自然の息づかいに触れることができます。

見上げるとこんなかんじ。勝手に呼吸が深くなってきます。

DSC_0023

ヤマユリもダイナミック〜! 

DSC_0054

遊歩道を半分くらい進んだところにある途中には、展望台があります。
そこの眺めがすごい!

つい歓声をあげてしまいます☆

わー☆

DSC_0026

ほんとにここ東京都ですかね?

_20160804_124634

標高が1078m。
涼しいなぁ、と思っていたら、やっぱり標高がこんなにあったんですねぇ。

そして遊歩道もさらに進むと、いよいよ滝が見えてきます。

こちらが三頭大滝〜!

DSC_0036

DSC_0031

岩を滑り降りてくる滝でして、それを橋から眺める形です。
水量は多くないですが、落差はしっかりとありますし、源流ならではの清涼さが橋からでも伝わってくる…☆

滝の前でしばらく過ごしていたら、一緒にいたくるみちゃんも私も、かなり気持ちよくなってしまって。どちらともなく顔を見合わせたら、お互いあまりに満面の笑みだったので、さらに笑ってしまいました…。付き合いたてのカップルかよ!というくらい笑顔だったので。そのくらい幸せがチャージされちゃってたということでしょう(笑)

滝も素敵だけど、この滝までの往復がよかった。まさに「セラピー」の遊歩道なんだなあ、とふたりで体感しちゃいました。お子様から高齢者の方まで、どなたでも気持ちよく楽しめるのもいいですね。

セラピー効果は実験数値でも実証されているそうですよ☆

DSC_0038

そんなわけで下見で大満足したわたしたち、都民の森でのヨガイベント、開催が決定したのでした〜!
こちら ↓↓↓
【イベント】9/19滝YOGAパワスポ巡りVOL.3 開催のお知らせ
*現在満席、キャンセル待ちを受け付けています

絶景を眺めながらのヨガ & 森林セラピー滝ウォーキング、リフレッシュ効果バッチリのはず。
来月のイベントでは、皆さんにもこの気持ち良さを体感していただければいいな〜と思います!

☆おまけ☆
都民の森の入り口でいただいた、このこんにゃくも美味しかった〜!

みとう田楽。とぅるん、とぅるんです。

DSC_0059