百間山渓谷・和歌山県【岩・木・水がつくる生命力の美】

百間山渓谷・和歌山県【岩・木・水がつくる生命力の美】

長くレポートしてきました、熊野の滝めぐり。
東京に帰る前、和歌山県をぐぐーっと西に移動、白浜方面へ向かいました。

実は今年の夏に白浜を訪れた際、カフェ&ゲストハウスを運営していらっしゃる梅本さんとお知り合いになり、滝もお好き、とのことだったので、今回ここでちゃっかりご一緒させていただくことになりました☆ 梅本さん、お世話になりました〜!

梅本さんのカフェ&ゲストハウス
ゲストハウス R cafe  http://www.rohas.jp/

美人にゃんこがお迎えしてくれますよ!

DSC_6895

さて、目指したのは日置川の上流、日置川の支流となる熊野川の源流部分にある大自然に抱かれた渓谷です!

●百間山渓谷・ひゃっけんざんけいこく●
和歌山県田辺市熊野。旧大塔村の南西部。全長約3kmにわたって渓流沿いに大小30余りの滝や数え切れないほどの巨岩奇岩が連続する景勝地。駐車場から約90分ほどで犬落の滝に到着。
来訪日:2015/12/17

2011年の台風12号の被害により、以前の駐車場や管理事務所などはすべて流されてしまったとのこと… まだ爪痕が残っているものの、駐車場はできていました。

DSC_1062

DSC_1063

DSC_1066

この看板にもあるように、この渓谷には「かもしか牧場」がありましたが、こちらも台風以降はやっていないみたい… でも、渓谷遊歩道はきちんと整備されているので快適!

歩き始めてみると、すごく素敵な森だということがわかりました。

DSC_1070

DSC_1150

なんとなく伝わるかな… 生命力を感じるというか。雰囲気がちょっと屋久島にも似てる。苔むした巨岩、そこに無茶な根を張ってしぶとく育つ木々、岩と木々の間を縫うように渓流があり、そしてほどよくアクセントに滝が入ってきます。ちょうど紅葉も終わったこの時期で訪れる人が少ないのもよかったのか、自然の息づかいがよく聞こえてきます。

名付けられた滝や渕が次から次へと続いていくので、歩いていても飽きることがありません☆

最初に出会えるのが、「梅太郎渕」です。

DSC_1081

小ぶりな滝ですが、品があってキレイです。
振り返ると、せり出した巨岩にそびえる木が! 存在感たっぷりです。

DSC_1084

あれ、道がない?……と思ったら、なんと岩陰に階段が! 秘密の抜け道みたいで楽しい〜

DSC_1085

続きまして登場する滝がこちら。「かやの滝」。

DSC_1088

美しい!「かや」の大木が滝の上部にあることから、ということなんだけど、どれのことかわからなかったな…
巨岩がナナメに切れ込んでて、そちらにも水が流れていくあたりが、ちょっとオシャレです。

ちょうど陽が差してきたので、虹も見ることができましたよ。
嬉しい〜☆

DSC_1091

次は吊り橋をわたって…

DSC_1099

こちらが「ふたおい釜」!

DSC_1111

ふたが覆い被さるような形の、ちょっと不思議な渕です。

DSC_1113

スローシャッターで撮影してみると岩の滑らかさが伝わるでしょうか…☆

DSC_1126

あと、ここは渕の色が翡翠色に輝いていて息をのむほど綺麗でした!

DSC_1141

さらに進むと…「藤の中島」と呼ばれるエリアに。

DSC_1134

自生する藤の木がいっぱい! かなりの古木です。

DSC_1135

藤の花はわたしが一番好きな花なんです。春の季節にもう一度、来てみたい〜☆

そのあとは、ゴロゴロ岩だらけの景色なんかもあったり…

DSC_1157

落ち葉が水面を彩っていたり…

DSC_1155

紅葉の季節は過ぎてしまいましたけど、盛りのときには美しいでしょうね〜!

そして…!
ひとつめのハイライトです。

こちらが、「雨乞の滝」!

DSC_1174

高さは約10mほどで大きくはありませんが、ひとすじに静かに落ちる様子が気高いかんじ。かつて日照りが続いた時は、ここで神楽をあげて雨乞いを行っていたそうです。

ここでお昼ごはんにします☆ 梅本さんがサンドイッチを用意してくださいました。ありがとうございました! お湯をわかして、コーヒーも。

DSC_1168

やっぱり滝の前って最高です♪

DSC_1171

お腹も満たされて… あと少し、足をのばします。ここからまた500mくらい…で、渓谷で一番大きな滝に到着〜!

犬落の滝」です!

DSC_1188

落差30m。昔、猪追いに来た犬も、猪もろとも転がり落ちた、と伝わることから名前が付けられたのだとか。岩壁の間を滑り落ちるように落ちる滝ですが、その壁の間にちょうど岩が挟まっているのが面白い〜。那智の陰陽の滝みたいですね。

ここまでのハイキングで、生命力溢れる森からパワーをもらいまくったので、ぜんぜん疲れてません! むしろもっと元気になれちゃいました!

DSC_1190

帰りはラクラクな尾根道?があるので、そちらから。

派手な滝というのはありませんがどの滝もしっかり個性的。渓谷を歩いているだけで、岩・木・水の生命力をしっかりチャージできるかんじでした! 急いでまわるのではなくキョロキョロしながら散策するのが、おすすめですよ☆

ハイキングのあとは梅本さんお薦めの温泉に連れて行っていただきました。

日置川の下流、川を眺めながら湯につかれる!という、えびね温泉です。

DSC_1193

源泉掛け流し、とろりとしたお湯でじんわり温まる〜 人気というだけありました!

ちなみにこの近くには八草の滝(やそのたき)という、日本の滝百選にも選ばれている滝があるのですが、一般的には遠望になります。滝壺まで行こうと思えば行けるらしいので、いつか行ってみたい!です。

(写真は以前、夏に訪れた時のものです)

DSC_0998

DSC_0996

最後は白浜の夕日が見送ってくれましたよ。

DSC_1198

また、来るからね〜!

★おまけ★

白浜の夜、いただいたのは、なんとなんと、特大伊勢エビ。刺身と炙りとで味わう、ぜいたくすぎるひととき…! とろーり日本酒に、合う! 

今回の旅、滝以外はほんとに食べて飲んでばっかりで個人的には最高に愉快すぎる旅となりました。おつきあいいただいたみなさま、ありがとうございました〜!

DSC_6874

DSC_6890

DSC_6892