乙原の滝・大分県【神秘の伝説に彩られた別府温泉の穴場滝】

乙原の滝・大分県【神秘の伝説に彩られた別府温泉の穴場滝】

大分県の滝めぐり。
これまで

西椎屋の滝・大分県【ハードな下り階段!宇佐トリオの実力】
東椎屋の滝・大分県【宇佐三滝イチ!実力と人気を誇る美瀑】
福貴野の滝&余の滝・大分県【潔い夫婦滝&四番目の名瀑】

やってきました〜!
大分県といえば、かの有名な!

別府温泉!

DSC_0392

日本一の湯量を誇る誰もが認める有名温泉地!大分県には何度も来ていますけども、なんだかんだで初めて来ました。確かにこんなに「温泉」を前面に出して盛り上がっている場所って他にあんまりないような気がしますね。連休中ということもあるし、海外からの観光客も多いようで、かなり盛り上がっています!

杉乃井ホテルとか、ちょっと温泉街っていうイメージとは違ってびっくりしたなぁ…

DSC_0395

まちのあちこちから湯気が出てるので、俄然、温泉気分が盛り上がります!

DSC_0393

…しかし!

ここまで来ておきながら、わたし、温泉入ってません…!笑

温泉は好きだけども、やっぱりわたしは、
温泉 < 滝 !

この日の夜には福岡にいなくてはいけなかったので、時間的にも残り限られた大分滞在。行っておきたい滝のほうが優先します。

温泉市街地からそう遠くない場所に、すてきな滝が落ちていらっしゃるのでした。

●乙原の滝・おとばるのたき●
大分県別府市乙原。船原山中腹の断崖にかかる滝。正面から見える雄滝は落差60m。滝口には湧水口があり、そこから地下水が直接滝壺に落ちる。ラクテンチの裏手から遊歩道あり。
来訪日:2015/11/21

別府の小高い山の上にある、昭和風情ぷんぷんのレジャー施設、ラクテンチ。

DSC_0396

裏手の駐車場に、ひっそりと案内があります。

DSC_0397

夏ならともかく、やっぱり滝に行く方は、誰もいらっしゃらないようす… 温泉街にはあんなに人がいたのに!

…猿しかいませんでした。いきなり「キー」って叫ぶからビックリしたし…

DSC_0400

でも、滝までの道はしっかり整っています!

DSC_5614

この道、高速道路の高架下を通るんですよ。この角度で見上げるのはなかなか珍しい体験かも。

DSC_0402

山のなかを歩いて10分くらい。
猿には何匹か出会いましたが、ちょっと心細くなったころ……

見えてきました!

DSC_0406

おおお〜!

DSC_0423

なにやら神秘的なムードです!

DSC_5619

こちらの看板によると「落差60m」とあるのですが、けっこう狭まった場所に落ちているために滝壺に近づくと上のほうは見えなくなります。

天から落ちてくる感じがするのがステキ。滝の水源は湧水だということですから、生まれたての綺麗な水を浴びて浄化されるような気分です。

滝からの風がすごくて、水しぶきでびしょ濡れになってしまいます。

DSC_5630

それでも、もっと近づいてみると……

DSC_0419

あらっ!
岩陰にもうお一人、いらっしゃったのでした!

DSC_0422

実は夫婦滝だったんですね!

かなり滝壺に近づかないと「妻」のほうは姿を見せてくれないので、ちょっとシャイな奥さまといえるかもしれませんね。控えめなのは落ちている場所だけで、実際はとっても美人です!

切り立った岩の間に落ちる二つの滝。この夫婦の独特の雰囲気に酔いしれます。

が、滝壺からうっとりと見上げていましたところ、なんだか後ろから「視線」を感じました。
滝壺にはわたししか居ないなずなんですけども… ちょっとびっくりして振り返ると。

どーん。

DSC_0413

不動明王!
力強いまなざしと目が合います。

この滝の向かいの岩の上には、滝を見つめるようにして不動明王像も祀られているのです。

DSC_0408

ここ、なんとなく、落ち着くワ〜と寛ぐというよりは、少しぴりっと、神聖な雰囲気のある場所でした。

先ほどの看板にもあったのですが、この滝はいろんな伝説がある滝だったらしく。赤鬼青鬼、観音様、2頭の大蛇の伝説など…。むかしから、ちょっとこの滝には「何かちょっと人知を超えた存在」を感じる人が多かったのかもしれません。

いまも神秘的な雰囲気を漂わせている滝。

帰り道には再び高速道路の高架を見上げながら、そして賑わう温泉街の駐車場に戻ったころにはすっかり現実モードという感じではありましたが、そのギャップもちょっと面白いかもしれません。

それにしても有名温泉地に来ておきながら温泉につからず、というのはさすがにちょっと悔しかったので、またあらためていつか来たいと思います!ここ、夏は絶対涼しいはず!