【番外編】絶景の立山黒部アルペンルートツアー(前編)

【番外編】絶景の立山黒部アルペンルートツアー(前編)

富山の弾丸ツアー、続きです!

前回はこちら

日本一の落差を誇る最強コンビ、称名滝&ハンノキ滝と無事会うことができたわたしたち。

そのあともさらに立山を満喫しました〜!

称名滝からも近い立山駅。ここでクルマを置いて、立山黒部アルペンルートへ!

DSC_0561

今年から富山に赴任になった友人夫妻も、富山の魅力をもっと知りたい!山で一泊してみよう!ということで、3人で向かいました☆ みんな、初アルペンルートです!

先に言ってしまうと…
本当によかった…!

最高!立山最高〜!

滝はないのだけれど番外編ということで、立山黒部アルペンルートが楽しすぎた、というレポートをしたいと思います☆(長めです…笑)

立山黒部アルペンルートとは、富山県の立山町と長野県の大町市を結ぶ交通路の総称。ケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスなどを8つの乗り物を乗り継ぎながら北アルプスを横断することができる全行程90kmの山岳観光ルートです。

北陸新幹線の開通もあって、ますます人気上昇中! ゴールデンウィークや夏休みは大変な賑わいらしいのだけど、実はわたしが訪れた6月は狙い目の時期だとか…★ 

立山黒部アルペンルート 公式サイト
http://www.alpen-route.com/

立山駅。これから最終のケーブルカーに乗ります!(山に泊まる人用ってことですね!)

DSC_0557

駅で待っている間、とりあえずかんぱい!
これが鉄道旅のいいところ〜☆
富山限定のしろえびポテチをおつまみに。

DSC_0562

こんなかんじのケーブルカーに乗っていきます。

DSC_2109

急勾配ぶり、わかりますでしょうか… ぐんぐん一気に標高差500mを駆け上ります。

DSC_0565

7分で、美女平駅に到着。今度は促されるまま、待っているバスに乗り換えて…

DSC_0569

ここからは50分ほど、バスは山道を登っていきます。

DSC_0570

この時、お天気は雨でした。霧がすごくて景色もよく見えなくて…
ちょっぴりがっかりした3人。そして爆睡。

…しばらくして。
? なんか外が明るい…

と目を覚ますと。

ぴかーん!

DSC_0577

雲を抜けていました〜!
6月にこんな景色に出会えるなんて…。想像以上の感動が押し寄せます。

ザ・雲海!

DSC_0582

一般車は入れない場所。走っているのはこのバスだけ、っていうのが、すごくいいです。

DSC_0584

途中、雪の壁(最大では20mくらいになるらしいけど、このときは10mちょいだったかな)も通り…

DSC_0589

そして、今晩の宿がある室堂に到着!

DSC_0593

標高2450m。とにかく別世界です。
「ここ、日本なのかな〜!?」とテンション上がるわたしたち。

宿まで10分ほど歩きます。

このとき、ちょうどサンセットにも重なり…

まさにショータイム!

DSC_0605

DSC_0621

DSC_0618

おひさまが山の向こうに見えなくなってしまうと、今度はお星さまタイム…

なんですが、その前に。

お宿はこちらです。

みくりが池温泉!

DSC_0600

DSC_0602

日本一、最高所にある温泉宿!と聞いて、温泉好きとしてはこれは外せません。

到着してすぐがご飯だったんですが、予想以上の充実ぶり☆

DSC_2117

DSC_2122

お客さんは、リピーターっぽい人ばっかり。それも納得です。
立山の地酒も飲んじゃいました。

DSC_2118 (1)

そして…空はまっくらに。

うきうきしながら着込んで外に出てみると……

やっぱり!

★☆満天のおほしさま!☆★

DSC_0657

わたしの写真テクだとこれで限界なのですが、本当にこれでもか、というくらいの星の数でした。いくつも流れ星が見えて。写真でふたつ大きく見えるのは、たぶん、木星と金星ですって。

こうやっていつもわたしたちは宇宙のなかにいるんだって、普段忘れていることを思い出させてくれる。
こんな星空に出会えるなんて。本当にラッキーでした。この日、夕方までは霧で何も見えなかったそうです。

屋外の雪の陰で冷やしておいたビールを取り出してきました。
実はこれが「星の空」っていう銘柄の地ビールだったんです。

そんなわけで、

DSC_0672

星空に…乾杯…!☆★☆

この乾杯シーンの撮影にしばらく夢中になってしまったわたしたち。
すっかりカラダが冷えたので、温泉へ〜!

風呂上がりのビールもしっかり堪能いたしました!

……長くなってきてしまったので、番外編、後編に続きます!