2015年のご挨拶【滝を「編集」して魅力を伝える!】

2015年のご挨拶【滝を「編集」して魅力を伝える!】

あけまして、おめでとうございます…!

というか、もう1週間以上すぎてしまった…
体調を崩し気味だったこともあって、まだ恒例の「滝初め」をできていないのです。

そのかわり、けっこう滝についてあらためて“考えて”いました。

2014年は私にとって、とても印象深い1年でした。

行きたい滝は、行けるうちに行く、をモットーに行きたかった滝をたくさん訪れました。ブログでの更新が追いつかないほどでした。

そして、滝の魅力を分かち合う仲間と出会い、その旅で日本の素晴らしい風景と、地域の人々との出会いがありました。

何かに取り憑かれたように、駆け回り、大量にインプットしてきました。

あちこち滝の旅に出て、インプットして自分を反応させる、の繰り返し。そこで生まれた感動は、だいたい私の身体にいつもあふれかえっていて、その身体からこぼれていくものを、忘れてしまわないように、ブログにぽちぽちと書き連ねてきたような、そんな感覚がありました。

そんな1年。ちなみにこれが2014年のラスト滝です。(熊本県・鹿目の滝の平滝)
夕日に美しく輝く滝。なんだか気分は穏やかでした。

DSC_0880

そして迎えた、2015年!

年始には、自分の活動を紹介する、ちょっと長めの文章を書く機会に恵まれました。

わたしがふだん、ブログで書いていることというのは、訪れた滝でその時感じた断片的なことが中心なのですが、そうではなく。もっと大きな「わたしにとって、いま、なぜ滝なのか?」ということを、あらためてじっくり考えることになったのです。

この作業は、自分でも楽しかった!

というのも、2013年の夏にこのサイトを始めたときと今では、滝への理解度はずいぶん深まっている、ということに気付けたからです。

「取材」はずいぶん、やってきた。だけど、それが自分の中でも混沌としていて、溢れかえっていて、整理できていなかったなあ…と。

そんなわけで、今年はまず、より「編集」にチカラを入れたいと思います^^

「情報を収集し、分類し、関係づけ、表現をする。ごちゃごちゃしている情報を、すっきりと整理して「必要な情報」「意味のある情報」「使える情報」に変えること。それが「編集」です」
(by 松岡正剛「イシス編集学校」案内より)

日々の活動日誌的なものもインプットの記録としてすごく大事だということには変わりませんが、そうして得てきた材料を滝の魅力として「編集」しなくては、多くの人に伝えることができないですよね。

そもそも、わたしが「滝ガール」のサイトでやりたかったことは、滝のポテンシャルを発信すること!

曲がりなりにも雑誌編集者として10年はたらいてきました。滝に対しても、もっと「編集」という意識を持って滝に向き合っていきたいと思います。編集ってやっぱりめっちゃ楽しいお仕事だし☆

滝の魅力も、より深く、面白く、お伝えしたい^^ 2015年も、どうぞよろしくお願いします。

DSC_0145