丸神の滝・埼玉県【冬の君にフォーリンラブ・アゲイン】

丸神の滝・埼玉県【冬の君にフォーリンラブ・アゲイン】

天気がよかったので、友人を連れて、急遽、滝ドライブへ。

近場の滝、ということで秩父にしたのだけど…!

わお!
もう、余裕で、雪景色でした〜!

DSC_0710

東京は雪はまだだったし、おとなり埼玉県ということで油断していました。スタッドレスはいてないので、やや焦りながらも、路面はなんとか溶けていたので、ソロソロ徐行で駐車場まで。

やってきたのは、丸神の滝です!

●丸神の滝・まるがみのたき●
埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森。落差76m。1段目が12m、2段目が14m、3段目が50mの3段に別れて滑り落ちる。滝壺と、展望台から眺められる。日本の滝100選。

近場ではこの丸神の滝が、大のお気に入りなんです。
最初に恋に落ちたのは…いつの日だったかしら。

でも、冬に会いに来たのは、はじめて…!

雪と渓流がお出迎え。なんて素敵なの!

DSC_0711

あの滝はどうなっているんだろう… 期待に胸を膨らませながら、5cmくらいに雪が積もった遊歩道をザクザク歩きます。ちなみに、普通の運動靴でギリギリなレベル。(わたしはガンガン行ってしまうのだけど、そんなつもりなく連れて来られた友人には、ちと申し訳なかった…)

そうそう、この日は、わたしたちが朝一番の来訪者だったようです。
あ、人間では、ね!

というのも、…この橋、よくみると。

DSC_0794

DSC_0793

橋に、ちょこんちょこん、と足跡が〜☆

! うさちゃん!

うさちゃんが、橋を渡って滝を見に……そんな風景を想像するだけでキュン。

さて、雪道を歩いて20分ほど…… ついに、滝に到着です!

DSC_0709

DSC_0698

わあ、やっぱり、素敵なお姿…☆

勢い系ではないけれど、岩肌を高くから滑り落ちてくる滝で、その姿は優しい女神さま、というかんじです。それぞれの流れのリズムをじっくり観察できるので、観ているだけで、すっと、心に調和が生まれてくる気がするのです。

前回は新緑の季節の訪れましたが…

DSC_0122

記事はこちら

冬も、かなり、いいですね〜!

周囲の植物が枯れて、景色はモノトーンです。

岩盤の黒色と、雪と滝の白色。
そして、周囲の雪の静と、流れ続ける滝の動の対比。

コントラストが強く現れるからこそ、滝の魅力もはっきりと迫ってきます。

それに、寒いのかな、と思いきや、ここは風があまりこなくて、ゆっくり眺めることができました。

もう少し冬本番になると、滝も凍ってくるのだと思いますが、そうなるとなかなか普通の装備では立ち入れなくなってしまいます。冬がはじまって、まだ間もないこの時期だからこその雪景色の丸神さん。雪とは知らずにノコノコ出かけてきたのですが、実は、ラッキーだったのかもしれません。

ロマンティックに Say Love
白い吐息も So Tight
♪ 冬の日の君に〜〜

メガヒットソング「夏の日の1993」で知られるclassが、16年ぶりに出した「冬の日の2009」の歌詞。突如降ってきました。なぜこの歌!笑

滝に恋する滝ガール。
冬のキミに、また恋におちてしまいました!

DSC_0707

友人もきっと、恋に落ちたはず☆ またご一緒しましょー!

ちなみに、滝ガールプレゼンツの旅には欠かせない、名水グルメ&温泉。

今回もしっかり堪能しましたよ。

丸神の滝とセットで行くなら!お薦めはこちらです。

名水グルメは、今回は、お蕎麦。
みち庭さんです。
http://www12.plala.or.jp/michiniwa/

DSC_0797

DSC_0796

「小鹿野町倉尾地内に湧出する天然自然水「毘沙門水」を毎日汲みに行き、新鮮なまま使用しております」とのこと! コシのあるおそばに、手作りこんにゃく、おいしゅうございました!

そして、シメの温泉は、赤谷温泉・小鹿荘へ。地元の人も、ここがイチオシなんですよ。ふふ。

http://www.ojikasou.co.jp/
main

おもいがけずの雪ハイクで冷えたカラダを、しっかり温めました。

このコース、季節を問わず、テッパンかも☆