錦見の滝/銚子の滝/湯の又の滝・秋田県【大湯の滝トリオ】

錦見の滝/銚子の滝/湯の又の滝・秋田県【大湯の滝トリオ】

北秋田から、十和田と八幡平の間のまち、鹿角市にやってきました★

実は、鹿角の大湯という温泉地付近が、滝めぐり天国。大湯川とその支流に、たくさんの滝が点在していて、観光協会では「滝の案内人」によるガイドツアーも開催されています!
http://www.ink.or.jp/~kankou18/

kazuno

パンフレットによると……15もある!

全部まわっていきたいのはヤマヤマなのですが、この日は青森へいかなくてはならず、今回は手軽に回れる3つを早朝に観てきました!ここ、国道から未舗装の道に入ってすぐ。

DSC_0077

3つともが「車いすでも観られる滝」ということをうたっているのです!

DSC_0023

だからといって、滝のクオリティについては、あなどれません。道路から少し山に入るだけでしっかり森林浴気分を味わえて、3つとも滝の個性が違う。「バリアフリー」で誰でも滝めぐりを満喫できる場所として貴重ですよ。

まずはこちら。

●錦見の滝・にしきみのたき●
秋田県鹿角市十和田大湯。落差11m。板状摂理の岩肌を流れ落ちる。錦見の名は秋の様子から。駐車場からすぐ。
来訪日:2014/10/31

DSC_0042

ごつごつした岩肌を流れる姿が美しい…!

朝に訪れたのですが、ちょうど虹もかかるようです。ついついスローシャッターを切りたくなります。

DSC_0049

お次は…

●銚子の滝・ちょうしのたき●
落差18m。名前の由来は昔、滝の上部が銚子の口の形をしていたことから。江戸時代には紀行家菅江真澄も訪れたと碑が残る。

じゃーん!

DSC_0055

またタイプが違って豪快な方!柱状節理の美しい岩肌の中央を、直瀑スタイルで落ちてくる滝です。

広めの滝壺がなんともいえない青緑色。いいなあ…。

DSC_0056

さらに進んで、一番奥へ。

●湯の又の滝・ゆのまたのたき●
落差19m。銚子の滝からさらに、大湯川銚子発電所を横目に見ながら山道を500mほど進む。

秋田の発電所発祥の地、らしい。発電所を過ぎて駐車場に到着。滝前は、芝生広場のようになっております。

DSC_0060

簾のように幅広に落ちる滝!ここもスローシャッターにしたいかんじです。

DSC_0065

ここには、こんな素敵なものがありました…!

DSC_0075

ハンモック!!

滝ガールの憧れが、まさかこんなところで実現。「滝の前で昼寝」は、かなり常連なのですが、こんな素敵な寝床、最高に決まっています。誰がつくってくれたのかわかりませんが… グッジョブ!

滝初心者にも優しいバリアフリー、しかもコンパクトにまわれる3滝。滝そのものの美しさもさることながら、虹、ハンモックなどのオプションもばっちり……。ということで、どなたにもお薦めのゆったり滝スポットです!

これまでの秋田の滝めぐり
今木神社四十八滝・秋田県【アート&滝で幸せな旅の始まり】
安の滝・秋田県【前編:誰もが認める憧れの名瀑へ】
安の滝・秋田県【後編:ステージ上のスター、楽屋のスター】
桃洞の滝・秋田県【山奥でひっそりと待つ「女滝」】