ガールな滝の楽しみ方

ガールな滝の楽しみ方

だいたい、いつもこんなかんじで。眺めてます…。

 

そのうち、おもむろに入りだします。

th_DSC_1527

先日訪れた、河口湖・母の白滝でした。

このブログ、「滝ガール」というタイトルにしたのですが、滝めぐりをマニアックに趣味にされている方は、やっぱり男性が多いような気がします。かなり昔ですが、テレビチャンピオンで「滝通選手権」という回が過去1回だけありました。出場者は男性ばかりだったような。確かに、山奥の秘境の滝に行く!となると、女性は体力面でもやっぱり危ないし…。

でも、滝ガールの仲間をもっと増やしたい!
そこで、ガールな滝の楽しみ方を、いくつか挙げてみました。

1:体力なくても大丈夫な滝を選ぶ
山を分け入り、キツい登りを越えて、やっと見られる滝の感動も、もちろんあるのですが、駐車場から歩いてすぐ!という滝でも、素晴らしい滝はたくさんあります。滝の規模にはあんまりこだわりません。

2:ゆっくり滞在して感性をひらく
ストイックに滝に打たれたりしなくとも、眺めたり、耳をすましたり、水の流れに触れたりするだけで、何かが開いて行くかんじがあります! 滝の前での、ヨガや瞑想は、とっても効果ありです。

3:ストーリーや擬人化で愛でる
「歴女」とも似てるかな?歴史上の人物の功績や戦術というよりは、その思いや生い立ちや、その人物に秘められたストーリーの方に萌えちゃうのが女子。滝にも言い伝えや神話が残っていたりしますので、そのストーリーにも思いを馳せると、より親しみがわいてきます。
あと、勢いや形状、色などを、何かに例えて楽しむのも^^わたしは「乙女のような滝」「懐の深いおじいさんのような滝」「包容力のあるお母さんのような滝」とか、擬人化して見ていたりします。

4:女子旅にトッピングする
温泉、美食、パワスポ巡りなど、いくつになっても楽しい仲良し女子旅^^ 女子旅に滝はとても相性がいいので、ぜひみんなで。温泉が見える滝、清流ならではの美食も。パワスポ好きの女性には特に!神聖な気が漂う滝は数多くあるので、癒されたいとき、喝がほしいときに活用していただきたいです。

ゆるーく、であっても十分楽しめるのが滝のいいところ^^ 女子目線での滝の楽しさを、ここではどんどんお伝えしていければと思います。