「滝ガール会」の効果【私たちに滝が必要な理由】

「滝ガール会」の効果【私たちに滝が必要な理由】

先日の茨城の滝ガール会では、いろんな気付きがありましたので…こちらにもまとめておこうと思います!

滝ガール会の様子はこちらから!

DSC_0026
茨城・滝ガール会レポート【前編・雨でこそ素敵な袋田の滝】
茨城・滝ガール会レポート【後編・月待の滝で滝見ランチ】

今回は、わりとちゃんと「イベント」っぽく開催しましたので、それらしくなるように、参加者のみなさんには、こんなものを渡していたのです。

DSC_0093_01

しおりです(笑)

ここには、「スケジュール」や「今日見る滝の概要」だけじゃなくて、大切なことを書いておきました。

それは、滝ガール会の「目的」

わたしは、普段からその行為を自然にやってしまうわけですが、他の人はなかなか「滝を見る」ための旅って、イマイチぴんと来ないんじゃないかと思うんです。だから「滝ガール会」って、そもそも何のために?ということを、まずイメージしておいてほしくて。

こんなかんじに……

―――――

滝は、自然を最も手軽に、かつ強く深く体感できる場所です。

都会生活で疲れがちな女子たちのために、滝をひとつのツールとして、積極的に味わい活用していく方法を、お伝えします。

水の表情や、その周りの景色を観察することとで、地球がつくりだすスケールの大きな芸術作品をじっくり鑑賞します。
五感を開いて感じているうちに、人間も自然の一部だったと思いだしてきます。そのとき、ちっぽけな悩みは飛び、本当に自分が求めていることや、心の声が聞こえてくるかもしれません。

滝ガール会の目的は、癒しです。
ストイックに多くの滝を見ることや、難所を尋ねるのが目的では、ありません。温泉も、ごはんも、その地域の素敵な文化も合わせて味わっていきましょう。おしゃべりをしながら、ゆったり、女子ならではの、滝の楽しみ方を探っていきます。

―――――

で、しおりに書いたからかどうか分からないのですが、
結果として。

見事に目的を達成していただけた!

ようなのです。

参加した女子からの、嬉しい感想、たくさん聞けました。
「本当に癒された。人間にとって、“水”に触れることが、もっと必要だってことに気付いた」

そう!水なんですよね。人間は70%は水でできてる。だから水が最もパワーを放つ場所で過ごすことで、身体も呼応するように、パワーが得られるのかもしれません。わたしは、滝から帰ってきたあと、よく「目の輝きが違うよ」って言われるんですが、でも、今回はみんなが、そうだった。滝バカだから、っていうより、ぜったい「人間だから」なんです。

あとこんな声も…
「週末の旅って、結局、はしゃいで疲れる、とか、リラックスしすぎて月曜が憂鬱、とかマイナスもあったりするけど、今日は違った! 仕事頑張りたい、って思える。今、やる気がみなぎってきてる!」

嬉しい!そう、それが、滝のすごさなんですよね。
もちろん、それぞれの滝の美しさや、勢いの強烈さに感動していただけたんだけど。滝を見ている時間って、滝に向き合っているようで、「自分と向き合っている」ことだったりするんです。滝の流れを眺めているうちに、心が洗い流されて…自分の深いところの願いや思いが、ちゃんと見えてくるかんじ。

この効果。なんで、そうなるのか、なかなか言葉にはしにくいことなんですが…
でも今回、驚くほどすぐに、みんながそれを体感してくれた!

女子が、疲れたり迷ったりしたとき。確かに、友達とパーっと飲みに行って騒ぐのもいいけれど、あるいはスカッとランニングとかの運動もいいかもしれないけど、そうじゃないリフレッシュ方法もあるよ、って。休日のリフレッシュ方法の選択肢として、滝を見に行く、を加えてみてほしいな、と思います。体力も装備もいらない手軽な方法だけど、こんなふうに、ちゃんと効果があります。

完全に、滝に「恋」しちゃってるわたし(しかも勝手に、相思相愛だと思ってる、意味不明)。でも、滝が必要なのは、わたしだけじゃないんだなあ、大好きな彼は、わたしだけのものじゃない、待っているみんながいる、彼はみんなのものなんだわ… とワケわからない感傷にひたりながら……

滝ガール会、またやらなきゃ。と何か使命感みたいなものを感じたりもしているのです。

DSC_0008