茨城・滝ガール会レポート【前編・雨でこそ素敵な袋田の滝】

茨城・滝ガール会レポート【前編・雨でこそ素敵な袋田の滝】

ばっちり、雨予報。

…延期する?

…いやいや。

むしろ、今でしょ!

滝行くなら、今でしょーっ!
(このフレーズは、もう恥ずかしいタイミング〜)

ということで、雨の日曜日、「滝ガール会」をやりました!

今回の参加者は、私を入れて女子4人。3人は、もとから滝が好き、という女子たちではなくて、みなさん滝の初心者。私が「引率の滝ガール」としてプランニングして、みんなに滝の魅力を知ってもらうための滝ガール会を開催しました。ひとりで滝を見るのもいいけど、一方で、みんなに滝の良さを伝えたい!という気持ちも強くなってきたわたし。今年はこういう企画も、もっと増やそうと思っているのです。

滝初心者のみなさんに、雨だけど、というか、雨でこそ、滝のことを好きになってもらえるように…と考えた結果、直前で、行き先を変更しました。目的地は、当初、富士山方面に考えていたのですが、今回選んだのは、茨城県・袋田の滝です。

日本三名瀑のひとつで、圧倒的な自然のスケールを感じさせてくれる滝なので、わたしは大好きでよく訪れているのですが(過去も記事にアップしています 袋田の滝・茨城県【楽しみ方、無限大】(前篇)(後篇))、今回は「雨だからこそ、この滝」ということで、あえて、こちらへやってきました。

こちらです!

DSC_0007

そうそう、この迫力〜!
ただでさえ大きな滝なのですが、雨が降って水量が多くなることで、この滝はさらにダイナミックになるんです。滝初心者の皆さんにも、このスケールを体感してほしかったの!

「こんな滝、あるんだねー!」

って、みんな、ちゃんと驚いてくれてるっ!

引率の滝ガールとしては、みんなの、その素直な感動が、嬉しいわけです。でしょ? すごいでしょ?って、なぜか得意げになっちゃう!

この滝が「雨だからこそ」のもう一つの理由があります。
それは、屋根&ベンチ付きの観瀑台があること!

DSC_0026

滝の本当のパワーを知ってもらうには、「長居」が大事だからです。誰も感動できる素敵な滝で、なおかつ雨でも濡れないでしっかり長居できる、その両方を満たしている滝なんですね。

春休みシーズンの日曜日でしたが、これも雨のおかげで、人がすごく少ない。だから私たちだけで独占できる時間がほとんど。ひとりひとり、思い思いの滝時間を過ごしてもらいます。

DSC_0032

DSC_0030

わたしは、ときどきウロウロしながら、眺めているみんなの写真を撮ったり、それぞれの感想を聞いたり。
みんな、だんだんいい顔になっていくのが、また嬉しい!

エレベータを登って、さらに上の観瀑台にも行けます。

DSC_0012

上の観瀑台からの眺めは、こんなかんじ。

DSC_0014

DSC_0015

こんなところも、滝初心者にぴったりなんです。
「同じ滝でも、見る角度を変えたら、違うように見えるんだ」
「ひとつひとつの流れには個性があるんだ」

とか、そうやって、滝の奥深さを、すぐに知ってもらえるんです。

そんなこんなで、すぐに1時間……。
「こんなに長くひとつの滝を見たことがなかった!あっという間だった!」
って。うん、普通、そうですよね。

で、なぜか、ただ滝を見ただけなのに…お腹が減るもので(笑)。
滝見茶屋で遠くに滝の音を聞きながらお団子&お茶で一休みします。

DSC_0037

DSC_0038

ここでも、自然と「滝の感動」をみんなで一緒におしゃべりします。

ひとつめの袋田の滝で、3人ともはやくも「滝、イイ!面白い!」となっていただきました!嬉しい〜
滝ガール会は、まだまだ続きます。

次の滝も、滝ガール会にぴったりの滝でしたよ。

その記事は、また次回に!